相続相談について

一般の方で、遺産相続について考える必要性を感じていない方がほとんどだと思います。映画やドラマ、あるいは大企業やお金持ちにだけ関係する問題と捉えられがちですが、相続税は数年前に大増税されたこともあり、相続税を支払う人は増えると想定されますので、比較的一般的な家庭でも、実は相続について知っておくと、いざと言う時に慌てずにすみます。両親や親族が亡くなった場合に、遺産を相続するのは現金だけではありません。他にも不動産等がある場合、思った以上に価値があり、相続税の問題に直面する可能性があります。相続対策について全く知識がない場合、ご自身で申告をすることは現実的ではありませんので、実際に申告書を作成される際には、プロである税理士に相続相談をすることをお勧めします。

税理士への相談相続とは、誰かが亡くなった場合に、被相続人が所有していた財産等を配偶者、子供、親族、相続することを指しています。相続されるものは、財産以外にも、借金、権利、義務等も含まれることになりますが、取得した財産(遺産)の価額の合計額が基礎控除額のラインを超えると、相続税の課税対象となる為、相続税の申告する必要が出てきます。相続税には申告期限がありますので、相続税申告について、しっかり計画をした上で行わなければいけません。また、申告の仕方についても、素人にはできない節税方法等も存在しますので、税金のプロである税理士への相談が最適と言えるでしょう。では、相続について説明します。